ジャズベースはお勧めです。

いろいろベースを持っていてもとりあえず一本持っているといいと思います。

ピックアップ二つ!

ジャズベースはフロントとリアのピックアップがあります。

フロントとリアの割合をセレクターノブで簡単に変えられます。

少し太くて暖かい音を出したかったらフロントを混ぜると良いです。

固く締まった音を出したいならリアのピックアップを混ぜるとか、そういった音作りが簡単にできるのがジャズベースですね。

音の特性がいい

また音の特性もいいです。

アルダーのボディーを使って 中音が強調されるような音です。

(アッシュなど他の素材の場合もあります)

ジャズベースは演奏しやすい

ジャズベースはネックがとても細いので演奏しやすいです。

プレシジョンベースと比べてもだいぶ細いので弾きやすいです。

またピック弾きの右手を置く位置も滑らかに傾斜がついていてストレスがありません。

ジャズベースは音が良い

ジャズベースはボディの木の体積が大きいせいか芯のある太い音を出しやすいです。

いくらアンプが進化していても やっぱり楽器は木が重要です。

木の大きさによって音が変わってきます。

その点ジャズベースは丁度良い大きさです。

体積が多いので音が響く余地がたくさんあります。

ジャズベースは見た目が良い

ジャズベースは見た目が良いです。

大きく見るとひし形のような形をしています。

左上のカッタウェイと呼ばれる部分が大きく張り出しています。

それから右足に当たる部分に下の部分が出っ張っていてひし形みたいな形です。

この形が絶妙なんですよね。

最初は違和感がありますが、すぐに慣れます。

今はこれほどシンプルでかっこいい形はないと思えてしまいます。

そんな格好良さもおすすめの理由です。

ジャズベースは中古でも高く売れる

ジャズベースは色々なアーティストが使っていて、実質的に世界で一番人気のベースだと考えられます。

そのため買った値段と売った時の値段の差が少ないです。

要するに中古でも高く売れるってことです。

特にスタンダードなモデルは高く売れます。

ジャズベースは高いけど、しばらく弾かないときはオークションやフリマなどで売ってしまえばいいと思います。

そしてまた欲しくなったときはオークションやフリマで買うこともできます。

そうすると買った値段と売った値段の差がレンタル料みたいなものです。

まあ一度手に入れると手放したくないんですけどね~。

なので中古で高く売れるのもジャズベースがおすすめな理由です。

ジャズベースは改造パーツが多い

ジャズベースは先ほども述べましたが世界で一番売れているベースです。

そのためジャズベース用のパーツがとにかく豊富です。

ピックアップをいじったりペグをいじったりブリッジを変えてみたりと様々な改造ができます。

いろいろなパーツを選べるのもジャズベースの魅力 おすすめの一つです。