バンドでノリを出すためにギターを弾く人は何が出来るでしょうか。

まずは確実に曲にそって弾きこなすことが必要です。

これは言わずもがな。だれもが理解してもらえることでしょう。

他の楽器と合わせて弾けなければ、そもそもお客さんは曲として認識してくれませんので。

必死に自分のバンドの曲の練習をしましょう。

出来ればライブと同じ状態、つまり立って弾きましょう。
立って練習することによって踊りながら弾けるようになるかもしれないし、何よりライブは立ってやるものですから!

それが出来るようになったらリズムマシーンに 合わせて弾きましょう。 
そうすることで正確なリズムが身につきます。
正確なリズムはバンドメンバーがそれぞれ必要です。
正確なリズムにそって弾くことによって、お客さんはさらに曲にのめり込むことでしょう。

そもそもノリというのはバンドメンバーが皆、正確なリズムを刻みながらも多少揺れることによって生まれるようです。

なにやら難しくなりましたが、お客さんもそれぞれリズムがあって、ライブでノッているわけです。そのお客さんは意外と正確なリズムを求めているんですね。

一人ひとりのお客さんのリズム感が狂っていても、会場全体としては、お客さんのリズムを全部合計して、お客さんの人数で割ると正確なリズムになる。

うーん、やはり難しい説明になってしまった。

ようするにリズムマシーンに合わせて弾く練習をしましょう、ということです。

カラピッキングをしましょう。

空ピッキング(カラピッキング)といってオルタネイト(ダウンピッキングとダウンピッキングを交互に繰り返すピッキング方法)を維持しながらフレーズを弾いて、出さない音はミュートして”カッ”っというノイズを出すこと(ノイズを出さない空振りの時もある)をすることがノリにつながります。

なぜか知らないですが、人間って頭の音が入る直前に”カッ”というノイズ、準備の音が 入ると乗り易いみたいです。

準備の音がある方が、突然音が入るよりも準備が出来て、踊りやすいのかなあ。

と言うわけでまとめるとノリを出すためにギター・ベースがすべきことは

・曲を完全に弾きこなす

・リズムマシーンでリズムを鍛える

・カラピッキングをマスターする

が、とりあえず大切です。

他にもノリを出すテクニックは山ほどあるのですが、まずはこの辺りからはじめてみてください。

ギター、ベースなどの弦楽器って、ピッキングで音を出すじゃないですか。
この場合、最初にピッキングの方を鍛えたほうが、バンドでノリノリに演奏することを考えると、圧倒的にいいです。

もちろん、フィンガリングも大切ですが、ピッキングを鍛えているうちに上達するものです。
ぜひ、ピッキングを鍛えてくださいね。