バンド
どうしてもギターの音が大きくなりがちですよね。
ギターの音って和音で、しかも歪みを足すと抜けが悪くなるんですよね。
だから音を大きくしがちです。



抜けるとは

抜けるとはバンドでそれぞれの音が聞き取れる、という音の状態です。
ギターの人は音が聞き取れないのと同時に大きな音が気持よすぎるのでついつい大き
な音を出して、バンドサウンドのバランスを崩してしまいます。

そもそもギターアンプの音域をフルテン(低音も中音も高音もすべて最大にするこ
と)が多いです。
ギター単体で鳴らすにはいい音かもしれませんが、そもそもイコライジング(音域)
のつまみは他の楽器と音が被る部分を削り、被らない部分をブーストするためにあり
ます。

ギターなら低音域をカット気味にして高音域を出す、これが基本だと思います。
そうすればバスドラムやベースと音がぶつからず、抜けのよい音が出せると思いま
す。

もちろんギターの特性・バンドサウンドの特性に合わせていく必要があります。

レスポールモデルなどのピックアップがハムバッカーのもの
 中音域が豊かなので低音を削り中音も少し削り気味にしましょう。

ストラトタイプ
 シングルピックアップのこともあり、低音と中音域が少なめです。
そのままのセッティングでもアンサンブルにマッチするかもしれません。

テレキャスタータイプ

ブリッジが大きいので音の立ち上がりが早く、高音域が豊かです。
逆に中音、低音はあまり出ないので必要なら足します。

まとめ

歪みを出し過ぎると抜けが悪くなることがあるので注意しましょう

ギターの音域のつまみは自分の気持ちよさのためのものにあらず。
被る音を削り、被らない音を伸ばしましょう。

③ギターの特性に合わせてセッティングを変えましょう。