ナルシストです。はい。

なんか自分の手の動きが昔から好きなんですよね。

弾いてる手を鏡に写して見ていたりしますもん。

はい。変態です。

でも、こだわっていたんです。

憧れていたんですよ。プロの手の動きのかっこよさに。

だから自分も昔から、そういうかっこいい動きをしたくて、真似していたというのはありますよ。

上手い人って、手の動きに無駄がないと思うんですよね。

その無駄の無さがかっこいのかもしれないです。

だから手の動きを真似するのは、効率よく手を動かすという意味で、上達の一つの手段かもしれません。

エリック・クラプトンとかは早いフレーズを弾いているんだけど、手はゆっくり動いて見えるので「ミスタースローハンド」という愛称が付けられています。

クラプトンを見ているとほんと手がバタバタ動かない。

効率よく手を動かしているというか、めんどくさがりというか。

ハンマリング(指で弦を叩いて音をだす技術)やプル(指を引っ掛けてはじくように音をだす技術)が、ピンポイントで、ツボをついているから、大げさな動きをしなくていいんでしょうね。

自分も手の動きだけでお客さんを呼べるプレイヤーになりたいです(笑)