ベースで作曲というのはなかなかいいですよ。

なにせルートの単音弾きだけで音楽が出来ますから

ベースは極端な話、指一本だけ使えば音が出るわけですよ。
音を出すだけならとても簡単な楽器です。

ギターみたいに、なんとかコードとかたくさんコードを覚えなくていい。

さらにメジャーとかマイナーとかセブンスとか複雑ですよね。

あと、コードから曲を作ると、コードによってメロディーや自由な展開が制約を受けるのも好きじゃないです

ルート音だけだと自由にメロディーを泳がせることができますし。

リフのフレーズから曲を作ることもできますし。

曲の展開が斬新になったりしますよ。
王道のコード進行とか、手グセによるコード進行に縛られるじゃないですか、ギターって。

バレーコード(人差し指で複数の弦を押さえるコード)を押さえたくないので、どうしても解放弦のコードを使う。

そうするとEとかCとかDとか。そんなコードばっかりになるじゃないですか。

ベースならとりあえず曲の骨組みはすぐにできます。

誰かの曲の「ルート音」をパクってみればいいのです。
「コード」をコピーするとなるとそれなりにギターのコードを知っていないと耳コピできません。

ベースのルート音なら、たぶんだれでもできます。

ルートで骨組みを作り、そこに歌メロを乗っけていく。

歌メロとベース音を聞きながらコードをつけていく。

やってみると簡単にできますよ。

ただ、仕上げが大変。
後付けだと、コードがわからず、苦労します。