ありでしょ全然。

ベースはただルートを弾いてるのもかっこいいんですけども(松井常松さんみたいに)、でもせっかくビブラートも使えるんだから使わない手はないです。

チョーキングだって一緒です。

ただ使いどころがあんまりないのは確かです。

特にチョーキングなんてほとんどソロの時にしか使わないですからね。

逆にちょっとしたソロの時なんかに使うと面白いですよ。

ビブラートの場合は弦を引っ張ったり押し上げたりするギター的なビブラートと、上下にスライド(素早くスライドするのをグリッサンドと言います) してビブラートをかける方法の2つがあります。

自分は弦を押し上げたり下げたりするビブラートは 曲の揺れを表現したい時に使っています。

またギターがビブラートをかける時にユニゾン的(ギターとベースで同じフレーズを弾くこと)に使ったりします。

グリッサンドの方もギター同じような感じでギターのユニゾンとか曲の揺れを出したい時に使ったりします。

僕の好きなレッチリのベーシスト、フリーなんかは結構このグリッサンドを多様してますね。

これが効果的で曲の揺れをうまく表現しているので大好きです。

あとジェフベックグループで一時ベースを弾いてたタル・ウォークフィールドさんもベースソロて思いっきり振り幅の大きいグリッサンドのビブラートをかけています。

ビブラートを使うとベースの幅が広がりますのでぜひマスターしてみてくださいね。

一応コツを書いておくとまず弦を押し上げる下げる というビブラートは 一回一回弦を押し下げ押上を繰り返し、だんだん早くしていくこれ以外にありません。

またグリッサンドのビブラートもとの方も練習方法は同じです。

ゆっくりスライドさせてってだんだん早くする。

コツなんて無くて、 これしかありません。

何にしても地道な練習が必要です。

チョコチョコ練習してみてくださいね。