ライブ出来ない苦悩。ライブ配信で稼ぐ大物アーティスト。誰でもライブ配信出来るやり方。

こんにちは!

2020年から始まった新型コロナウイルス問題。大阪のライブハウスでクラスターが発生してから、ライブが出来なかったりしています。ライブ自体が悪者扱いされています。先頃行われたフジロックフェスティバルも賛否両論でしたね。

アーティストはライブが音源が売れない時代の貴重な収入源です。そして何よりライブをすることがアーティスト冥利につきる、というアーティストもいます。当然ファンも応援したいと思っています。

ところがライブに対する世間の風当たりは厳しいものがあります。

参照:ヤフーニュース「フジロックに厳しい声」

ヤフコメにも「行った人は責任持て」「後悔は後からくる」など、厳しい意見が多いです。

ライブしたいけど、コロナで出来ない!地元、ファン、アーティストの苦悩

ライブしたいのはやまやまですが、このように批判が相次ぐと、出来ませんね。そのため地元やファン、アーティストは苦悩しています。ライブをしなければ地元観光産業は窮地に陥ります。ファンは長い自粛でストレスが溜まっています。。アーティストはライブをしなければ収入源が絶たれます。

トップアーティストは無観客ライブで稼ぐ

逆にトップアーティストは無観客ライブで稼いでいます。

サザンオールスターズの2020年6月のライブを例にとりましょう。

3600円の視聴チケットが18万枚売れ、その後の放送で50万人が視聴したそうです。

3600円×18万人なので、6億4千万円ほどチケットを売り上げた計算です。その後の放送でも稼ぐでしょうから、ライブグッズが売れない分を差し引いてもかなりの収益があったのだと思います。そもそも18万人を集める会場はありません(インドアの場合)。通常のライブの10倍も集客していますね。

参照:サザンオールスターズ無観客ライブ

参照:コロナ渦におけるアーティストのマネタイズ例

このように配信にはすごく可能性があります。

高品質なライブ配信が出来ないのか?

今はInstagramなどで簡単にライブ配信ができる時代です。しかも投げ銭などで 有料にすることもできます。ただなかなか有料のチケットと言うとなかなかそういうサービスがないんですよね。

そこで見つけたのが以下のサービス。なかなか本格的でです。

こちらのサービスでは

  1. 打ち合わせで最適なライブ配信を提案してくれたり
  2. ライブ会場も紹介してくれたり
  3. また専門の配信チームがサポートしてくれます

打ち合わせ無料なので相談してみたら良いのではないでしょうか。

こんなコロナ早く終わって欲しいですね。

このライブ配信 もなくなってリアルのライブが見たいです。

ただ離れた人に自分のたちのライブを見せるという意味で、これからもライブチケット制配信というのは可能性がある気がしています。ぜひ活用してみましょう。