ギターのリフとは?

ギターでよくリフという言葉を耳にします。

これは一体なんのことでしょうか?

リフとはリフレインのこと!

リフとは、リフレインのことです。

リフレインとは、繰り返しの意味の音楽用語です。

リフレインの具体例

リフレインで有名な曲は、

「飛んで飛んで飛んで飛んで♪回って回って回って回る~♪」などボーカル曲が有名ですね。

「小さい秋、小さい秋、小さい秋見つけた」もリフレインですね。

ギターのリフはちょっと違う?!

ギターのリフも繰り返しです。

その曲の印象的な繰り返しですね。

イントロ(曲の出だし)で使われることも多いです。

最近はギターがフューチャーされた曲が少ないですが、昔は決行ありました。

ギターリフが有名な曲

このあたりは有名なギターリフですね。

ディープ・パープルの「スモーク・オン・ザ・ウォーター」

ちょっと古いかな。

でもなんとなく聞いたことはあると思います。

昔のギターキッズはみんなこの曲を練習したものです。

簡単ですしね。

こちらも有名なリフです。

レッド・ツェッペリンの「ブラック・ドッグ」。

レッド・ツェッペリンのギタリスト、ジミー・ペイジは印象的なギターリフを生み出すカリスマでした。

聞いているとクセになるし、ギターを弾きたくなります。