ギターのリフとはどんな意味? 曲のモチーフであり、象徴であり骨格である!

ギターでよく「リフ」という言葉を耳にします。レッドツェペリンのリフが印象的とか、ディープ・パープルのリフがカッコいいとか。あ、古いですね!

この「リフ」とは一体なんのことでしょうか?

ギターのリフとは、曲のモチーフ・象徴・骨格となるギターフレーズである

ギターのリフとは曲のモチーフ・象徴・骨格となるギターのフレーズ です。

前述のレッド・ツェッペリンやディープ・パープルの曲はギターの印象的な繰り返すフレーズから始まります。これを「リフ」と呼んでいるのですね。

下記の映像をご覧ください。レッドツェッペリンの「移民の歌」という曲です

この曲はどう考えても冒頭のギターリフから曲を作ったとしか思えませんよね。

F#のオクターブ違いを、ただリズミカルに弾いているだけです。 たった一音だけで構成されているリーフ!ギターリフまさに究極のギターリフですね!

この頃のハードロックバンドは、他の多くの曲も、ギターリフから作っていたと思われます。

私が楽器を始めた1990年代も、「いかにかっこいいリフを作るか」 ということが言われていました。

また布袋寅泰さんがギターを務めた「BOOWY(ボーイ)」というバンドもギターリフが印象的です。

BOOWYの「マリオネット」という曲はリフがそのままサビになっています。

また、「Justy 」という曲の冒頭のギターリフはサビでも使われています。

「Bad feeling(バッドフィーリング)」という曲に関しては イントロから A メロにかけてきっとギターのリフが続きます。

当時布袋さんはいかに人がやってないギターフレーズを作るか と言う ことを考えていたそうです。

おそらくかっこいいギターフレーズを作って、それを曲に発展させていったのではないでしょうか。

まさに「ギターのリフとは曲のモチーフ・象徴・骨格となるギターのフレーズ」 です。

そもそも「リフ」とは「リフレイン」のこと!

このリフとは、正しくはリフレインと言います。

リフレインとは、繰り返しの意味の音楽用語です。

なので、ギターのリフとは、「ギターでの繰り返しのフレーズ」ということです。

ギターのリフはギターの印象的なフレーズを繰り返しています。繰り返すことで印象的付けているのですね。

反復は認知を容易にした馴染みがあるという感覚をもたらす

ロバートザイアンスは何度も 出てくる単語に馴染みを覚える、として「単純接触効果」と名付けた

ダニエル・カーネマン「ファスト&スロー」より一部引用

リフレインも同じです。何度も同じフレーズを聞くと、単純に「好き」と考えるようになります。

リフレインは、ギター以外でも使われる言葉です。具体例をあげてみます。

ギター以外のリフレインの具体例

リフレインで有名な曲は、

「飛んで飛んで飛んで飛んで♪回って回って回って回る~♪」などボーカル曲が有名ですね。

「小さい秋、小さい秋、小さい秋見つけた」もリフレインですね。

ギターのリフの特徴 普通のリフレインとちょっと違う?!

ギターのリフも繰り返しです。

その曲の印象的な繰り返しですね。

ギターのリフは、イントロ(曲の出だし)で使われることが多いです。ギターリフの有名な曲は大抵イントロからリフレインしています。

また、 歌のリフレインとはまた違って曲全体のモチーフになっているのがギターリフの特徴です。

ギターリフが有名な曲

それではギターのリフの有名・印象的なものをいくつか挙げてみます。

ディープ・パープルの「スモーク・オン・ザ・ウォーター」

ちょっと古いかな。1970年代に活躍したハードロックバンドです。

古いけどなんとなく聞いたことはあると思います。

いきなりギターのリフから始まります。昔のギターキッズはみんなこの曲を練習したものです。

簡単ですしね。とっても有名なリフです。

ギタリストのリッチーブラックモアはカッコいいリフを作る人です。スローなリフからスピード感のあるリフまで、とてもかっこよく作っています。

レッド・ツェッペリンの「ブラック・ドッグ」。

レッド・ツェッペリンのギタリスト、ジミー・ペイジは印象的なギターリフを生み出すカリスマでした。

聞いているとクセになるし、ギターを弾きたくなります。このギターリフはこれでもか!というくらい、一つのフレーズを繰り返します。

これだけ繰り返すと、さすがに印象に残ります。 しかもこのリフは ベースとのユニゾンです。ユニゾンでフレーズを強調しているので、さらに印象的なリフになっています。

レニー・クラビッツ「自由への疾走」

レニー・クラビッツの自由への疾走も印象的です。このリフはAメロ、Bメロの歌のバックでも流れています。カッコいいです。

一つのカッコいいギターフレーズは「リフレイン」すべし!

リフについて見てきました。

こうしてみると、カッコいいフレーズを思い付いたら、リフレイン(リフ)すると、曲の印象が聴く人の頭に残ります。

なので、積極的に使っていきましょう。

ギターのリフの意味とは? のまとめ

というわけでギターのリフについて見てきました 。

とにかくギターのリフとは「曲のモチーフ・象徴・骨格となるギターのフレーズ」 だということです。

またギターのリフから作られている曲も多いということを見てきました。

本来は「リフ=リフレイン」ということで「繰り返すフレーズ」のことです。

その繰り返しフレーズを 効果的にかっこよく印象付けているのがギターのリフですね。

また曲作りも 最近では メロディーやコード進行から 作ることが多いように思います 。

そんな時代だから、曲もギターのリフから作ってみるのも いいですね。

今は歌メロ全盛期なので逆にギターのリフから作曲すると面白いかもしれませんね!