ギターで左手が痛い場合の対策。プロでも痛くなる!

こんにちは!

ギターを弾いていて、右手が痛くなることってありますよね。特に初心者のうちは指先が柔らかく、痛くなりやすいです。

ただ、上級者でも、弾きすぎで痛くなったりするそうです。そんな、プロでも痛くなる指の痛みについて考えたいと思います。

だんだん指先が硬くなってくる

初心者のうちはまだ指先が柔らかく、指が痛くなりやすいです。

これは無理をせず練習を重ねていくと、指先がだんだん固くなります。そして痛みも減ってきます。

細い弦に替える

指先のダメージが気になる場合は弦を細くしてみましょう。

0.001インチサイズダウンするだけでずいぶん違いますよ。

1弦が0.010インチで痛い人は0.009から始まる弦に変えるなど、ダウンサイズをお試しください。

風呂上がりには練習しない

お風呂上がりは指が柔らかくなっています。そんな時に練習すると指先が痛くなります。お風呂上がりの演奏はなるべく避けましょう。

指が痛い場合、プロの工夫

スティービー・レイボーンという亡くなったミュージシャンは、弦が太くて指が痛くなっていたそうです。

冒頭のスティービーレイボーンさんは0.013から始まる極太の弦を使用していました。

これでは指先にダメージが残りますね。

そのため指を接着剤などで固めていたそうです。

また、ベースでは手袋をして弾く、という人もいます。マルコシアス・バンプのベーシストは手袋をして弾いています。

繊細なギターではちょっと難しいかもしれませんね。

ギターで左手が痛い場合の対策まとめ

というわけで、左手が痛い場合の対策についてみてきました。

まとめると、

  1. だんだん指が固くなる
  2. 細い弦に替える
  3. 風呂上がりに練習しない
  4. プロは接着剤などを使うことも!

ということでした。

ご参考になさってくださいね!