バンドの衣装はどうしたらいいか?

バンドの衣装というのは結構難しいテーマだったりしませんか?

普通の格好で出てるパンクバンドとかもいますけどね。

何かね、演奏によっぽど自信があればそれでもいいかもしれないんですけど。

でも見た目でも ライバルたちに差をつけたいですよね。

そうなると衣装に工夫 が必要になってきます。

つなぎを着るバンドもいます。

なぜつなぎを着るのでしょうか?

動きやすいのでしょうか?

一色だからカラーを打ち出しやすいのでしょうか?

どちらにしてもバンド全員が同じ衣装を着ることによって一体感が生まれます。

そう一体感。これが衣装に求められるものです。

みんなチグハグな格好だとぱっと見どんなバンドかよくわからないです。

百聞は一見にしかず、ですね。

やっぱりバンドは見た目から入ります。

見た目をアピールしていると お客さんも解りやすいと思います。

逆にバンドの衣装で誤解される場合もあると思います。

バンドの衣装が パンクっぽいのに爽やかロックバンドだったら爽やかなお客さんは見た目の強さに圧倒されてこないわけです。

逆ならいいんですよ。

爽やかな見た目で パンクをやる と爽やかなお客さんもパンクのお客さんも取り込めるからいいんですけどこの逆だと駄目ですね。

バンドの衣装の決め方

バンドの衣装はどうやって決めますか?

とりあえずバンドのコンセプト洗い出してみましょう。

音達は爽やか系なのかパンク系なのかというお客さんに聞いてもらいたいのか ターゲットを決めましょう。

先ほども述べましたが パンク系の格好をして爽やかロック だとちょっと厳しいかもしれませんね。

逆に爽やか衣装でパンクなら両方のお客さんを読み込める可能性があります。

基本 衣装はとっつきやすい衣装の方が僕はいいと思います。

ただ、KISSというバンドは奇抜な格好でシンプルなロックをやっていました。

だから何が当たるか本当にわかりません。

<スポンサーリンク>