バンドの服の選び方

バンドの服選びってどうしていますか?

衣装を着るバンドもいると思います。

また、普段着でライブをするというバンドもいると思います。

どちらでも良いのですが統一感があったほうがいいと思います。

バンドの服選びのポイント

バンドの服はどういう基準で選べばよいでしょうか?

服装を統一する

たとえばメンバーがバラバラの服を着ていたらどうなるでしょうか。

お客さんは何かバラけた感じがすると思います。

もちろんそれを覆い隠すくらいの音楽性かあれば別です。

しかしトップを目指すなら、すべての可能性を試すべきです。

服装を統一すると、一体感が出るのでおすすめです。

またそのバンドの世界観を分かりやすく伝えることが出来ます。

普段着でもメンバー全員が同じ服を来ていれば、

お客さんは何かしらのメッセージを感じ取ります。

是非一度、バンドで同じ服を着てみましょう。

統一感のある服装にする

全く同じ服を着るのではなく メンバーで 統一感のある服にする、 というのもありですね。

同じ服だと メンバーの個性が引き立たない部分もあります。

そのためバンドのコンセプトに沿って 統一感のある服を選びましょう。

服で非日常感を演出

前述しましたが、非日常感を演出する服を着ることも大切です。

お客さんは日常を忘れ、非日常の体験をバンドに求めます。

そのため T シャツとジーパンというよりは非日常的な衣装を着た方がお客さんにアピールできると思います。

お客さんは見た目でもバンドを判断します。

見た目が恐そうなら、逃げていく人もいるかも知れませんね。

かといって 一般人のような服を来ていても、非日常感を味わえません

コンセプトによって色を変えることによって色を変えるのもいいです。

アルバムを出したならのアルバムのテーマに沿った服装をするなどです。

あるいはバンドのテーマに沿った服装をするのもいいですね。

例えばサラリーマンが自分たちのはけ口を求めてバンドをやる。

こんなコンセプトならスーツを着崩して出演のもいいかもしれません。

普段着でライブをやる

と言いながらも T シャツとジーパン のように普段着でライブをやるというのも場合によってはありです。

普段着なら、 お客さんとの距離が縮まるかもしれません。

それがお客さんの共感を呼ぶことに繋がるかもしれません。

普通の人なのにこんな格好いい音を出している!自分達のカリスマだ!と共感してもらえたりします。

また、普通の格好してるのにすごいかっこいい音楽をやっている、というギャップも良いですね。

バンドの衣装選びまとめ

衣装は はっきり言って何でもいいです。

ただし適当に選んだり、毎回違う格好をしたりというのはよくありません。

バンドのコンセプトに沿った衣装を選んでいきましょう。

ポイントは

  • みんな同じ格好をする(統一感がでる)
  • 同じではないが統一感のある格好をする
  • 非日常感を出す
  • あえて普段着で親近感を狙う

などです。

衣装一つ選ぶにしても何かの考えがあって選ぶようにすると統一感が出て、バンドの考えがよりお客さんに伝わると思います。

衣装も考えながらバンド運営していきましょう!!

最後にバンドに統一感を出したい、 お客さんに、普段の生活を忘れさせたい。

そうおもったら衣装は以下から選んでください。

パンクロック ビジュアル系 などに対応したバンドの衣装専門店です。

学園祭バンドを一生やるつもりならいいですが、本気でバンドをやっていきたいなら 一度覗いてみてください。↓↓