私の好きなアーティストをみていて、ふと思ったことがあります。

それはほぼ50歳台だ、ということ。

私の好きなアーティストはほとんど1960年代生まれだったのです。

1960年代生まれのアーティストたちは大物が多い!

しかも今、ビックなアーティストが多いような気がするのです。

ざっと列挙すると…

  • イエローモンキーの吉井和哉 52歳1966年10月8日生
  • XJAPAN の Toshi 53歳1965年10月10日生
  • Bzの稲葉浩志 54歳1964年9月23日生
  • YOSHIKI は年齢非公開だけどToshiと同級生笑。
  • L’Arc~en~Cielのhyde 50歳1969年生まれ。
  • 福山雅治50歳。
  • 布袋寅泰1962年生まれ57歳。
  • BUCK-TICK櫻井敦司53歳

と、そうそうたるメンバーです。

もちろん、私が多感な頃に活躍していたので、思い出深い、ということはあります。

なんかそういう自己バイアスがかかっている気がしてきました。

なぜ1960年代のアーティストに大物が多いのか?

ほぼ独断と偏見です。

でも一応、色々考えてみました。

すると、意外な事実が見えてきました。

1960年代生まれの人たちは、1970年代に多感な思春期をむかえました。

1970年代と言えば海外でハードロックやグラムロック、ヘビーメタル、パンクロックなどが華やいだ時代です。

多感な時期に海外のシーンを賑わしていたアーティストから多くの影響を受けたのだろうと想像出来ます。

そういう素晴らしい海外のアーティストに影響された人達が1980年代~90年代にかけて華開き、デビューしたのですね。