こんにちは!ピンバタ・オリ( @pinbutter )です。
LOUDNESS をご存知ですか?

1981年にデビューした日本のハードロック・ヘビーメタルバンドです。

LOUDNESS は早くから海外を志向しています。

最近 YOSHIKI さんの The Last ROCK STARS がアメリカでコンサートを行いましたね。

その時も日本の元祖アメリカデビューバンドといえば LOUDNESS、というようにアメリカでは結構比較されているようです。

ギターが凄い

ラウドネスといえば とにかく高崎晃さんのギターがすごいです。

ワールドクラスと言いますか、世界でもポール・ギルバートさんはじめ高崎晃さんに影響を受けたギタリストは数知れません。

世界に出ていくにあたってまず高崎さんのギターがフィーチャーされたと言うことなのでしょう。

とにかくアメリカでもレジェンド級のギタリストとなっています。

ドラムがすごい

そして高崎さんのギターばかりフィーチャーされますが亡くなった樋口宗孝さんのドラムも凄かったです。

亡くなった樋口宗孝さんはとにかく何でもこだわる人た。

良い音がすると言えばすぐに機材を買うというような人です。

またプロデューサーの明石昌夫さんに言わせると樋口宗孝さんの音が全然違うと言っていました。

チューニングにもこだわるし、

音も他の人が叩いたのとは全然違うことになるそうです。

明石さんは「脱力しながらも速いスピードで叩くせいかな?」とも語っていました。

また樋口さんといえばワンバスでツーバスのような連打を叩くことでも有名です。

そんなプレイヤーとすごいしてすごい二人 がいたのがラウドネスです。

二井原さんのヴォーカルもなかなか

二井原さんのヴォーカルも素晴らしいです。

ハイトーンボイスに唯一無二のあの声。

カッコいいです。

デビュー当初は声質はいいけど歌はヘタと言われていたそうです。

しかし今は歌も上手くて、声質もいい。

なおかつあの個性的な声も健在です。

ハイトーンボイスも健在です。

ベースの山下昌良さんもかなりの腕前

また山下昌良さんもかなりの腕前です。

デビュー当初は高崎晃さんに言わせると「自分のギターをなぞっているベース」という認識だったそうです。

ところがその後、いろいろな経験を積み、今では高崎さんも、「どっしりとバンドを支える素晴らしいベーシスト」と評価しています。

LOUDNESS の楽曲がカッコいい

LOUDNESSは演奏の技術ばかりがフューチャーされますが楽曲も実はかっこいいです。

初期のハードロック・ヘビーメタル然とした曲もカッコいいです。

また中期の重量のある重たいヘビーメタルなどもすごくかっこいいです。

またアレンジも工夫がされていてロックのおいしいところを詰め込んだという感じです。

ライブでは盛り上がりそうな感じですね。

LOUDNESSの特徴、凄さまとめ

というわけで LOUDNESS の特徴、凄さについて見てきました。

まとめると

  • LOUDNESS はスーパープレイヤーたちの集まり
  • 演奏技術がすごく高い
  • ギタープレイで見せるバンド
  • 楽曲も素晴らしい

ということでした。

これからもますます活躍してほしいですね!