ギターを弾く時、指の動きは最小限に抑える

ギターを弾く時、指の動きはなるべく最小限に抑えるほうが良いです。その方が速い動きが出来るからです。

ギターを弾く時、指のバタつきを抑える

ギターを弾く時、指のバタつきを抑えるほうが速く弾けます。

具体的にいうと、フィンガーボードから5センチ以上離れないようにしましょう。

スローハンドと呼ばれたエリック・クラプトン

ギターの神様と呼ばれたり、三大ギタリストの一人とも呼ばれたエリック・クラプトン。彼は当時は速弾きで有名でした。

その頃はすごい速弾きなのに指はゆっくり動いているように見えるので、「ミスタースローハンド」と呼ばれていました。

この人、やっぱりギターが上手いのだと思います。

最小限の動きで押弦し、はんまり、プリングをこなしているので、本当に無駄の無い動きです。

ぜひクラプトンの指の動きを参考にしてみてくださいね!