デガウス処理。いいですね 。

デガウスとは、磁気を消す処理のことらしいです。

家電製品もそうなんですけど 電化製品の時期を消すというのは大事なことらしいです。

昔テレビのリモコンが効かなくなった時に磁気を消せば治る、という話を聞きまして。

で、やってみました「消磁」。

やり方は簡単で、電池を抜いて 電源ボタンを3秒間押す。これだけです。
これでリモコンの消磁が出来るんです。

これを試したら本当にリモコンが復活したんですよ。



磁気がたまるってのは ギターとかアンプにも良くない事らしいです。


アンプもギターも電化製品これの時期を消せば音が良くなるのは道理なんですね。

さっきも書いたけど、今日いつも使っている練習スタジオのベースアンプにデガウス処理かましてやりました。

そしたらこれがめちゃくちゃいい!
音が全然違う。
抜けるし音の粒立ちがいいし。
かける前と全然違うんですよね。
かける前はモヤモヤした音で、なんか全然聞いてて楽しくないんです。
だけど試しにそのスタジオのアンプにデガウスかましたら本当にいい!!!
注意点は、結構でかい音が出るということです。
ハウリングしてるような「ポー!!」というものすごい音が出ます。
だからちょっとビビって店員さんが来ちゃうんじゃないかなと思っちゃうんだけど。
あとアンプが壊れるんじゃないかとかって思っちゃうんだけど。
壊れたら僕のせいになっちゃうんでしょうけど、試さずにはいられなかったです。
本当にやる価値はあります。
特に今まで一度もデガウス処理したことがなければ!!
今度ギターアンプとかギターのエフェクターとか、機材にも試してみたいと思います。
でもビンテージ楽器には気をつけてくださいよ ビンテージ楽器で今の音を変えたくないという人は使わないでください。