ギターでビブラートを掛けるのは当たり前のテクニックですよね。

ベースでもこのテクニックは良く使います。

単純に音を伸ばすのではなく、ビブラートを掛けることで、フレーズがそれっぽく聴こえます。

のっぺりとした味気の無い演奏が、味のある演奏に聴こえます。

ビブラートを掛けただけで、つまらないフレーズでも、使えるフレーズになったりします。

なのでぜひビブラートをかけてみてください。

色々あるビブラート

弦楽器でビブラートといっても、色々あります。

代表的なビブラートを挙げますと

  1. チョーキングの要領で弦を引っ張ったり、押し上げたりするビブラート。
  2. 指を弦の上で滑らせる、グリッサンドビブラート。
  3. 弦をブリッジ方向にたわませたり、ヘッド方向に引っ張ったりするクラシカルなノーマルビブラート。

というものです。

他にもナットとペグの間を押したり、アームを使ったり、ネックを曲げるビブラート、なんてのもあります。

今回は3.の「クラシカルなビブラート」について、振り幅を大きくするためにはどうしたらいいか、試行錯誤してみました。

クラシカルなノーマルビブラートは振り幅が小さい

クラシカルなビブラートは、元々クラシックギターで使われていた奏法です。

弦をブリッジ方向にたわませたり、ヘッド方向に引っ張ったりして音程を変化させます。

ノーマルなビブラートです。

で、ベースでこのビブラートを試してみました。

楽器の教科書に書いてある要領で一本の指で押さえ、揺らします。

でも、聞いた感じあんまり音程変化がわからないのです。

その教科書には「音程変化が少ない時は手全体でビブラートを掛ける」となっています。

なのでヒジを振るようにしてみました。

しかしこれも音程がさほど変化しない。

なので、色々試してみました。

チューナーでビブラートの振り幅を測定!

チューナーを使った結果、思ったよりも針は動いています。

試しにチョーキング的ビブラートを測ってみました。

やっぱり振り幅が大きいですね。

当たり前ですね。

チョーキングで半音階くらいは音程変化させることが出来ます。

なので、手の力があれば半音階~一音階くらいのビブラートは掛けられるはずです。

揺れ幅が大きいから、ギターではこれをする人が多いですよね。

ギター一方、クラシカルなビブラートはどうでしょうか。


映像では解りにくいですが、音程はあんまり変化していません。
というわけで、クラシカルなビブラートでは振り幅が小さいことがチューナーでも明らかになりました。

クラシカルなビブラートで大きな音程変化をつけるには?

クラシカルなビブラートで大きな音程変化をつけるにはどうしたらよいでしょうか。

私が色々試したところ、複数の指で弦を揺らす、という結論に達しました。

これが教科書には載っていないコツです。

実際チューナーで測ってみると、音程の変化が大きいことがわかります。

他にも方法があるかもしれません。

でも、一度この方法を試してみてくださいね!

実際の音程変化をチューナーで測ってみました。

クラシカルなビブラートの利点

それなら大きなビブラートから小さなビブラートまで対応できる、チョーキング式ビブラートをすればいい、と思いますね。

でもクラシカルなビブラートには、チョーキング式ビブラートにはない利点があります。

それは低音方向にも音を揺らせる点です。

そうなのです。

フレットがある楽器では、なかなか難しい低音方向のビブラート。

これがクラシカルなビブラートなら出来るのです。

クラシカルなビブラートはどんな場面で使うのか

ではクラシカルなビブラートはどんな場面で使うのか、を考えてみます。

低音方向にも音程を変化させられるので、マイナーな曲にも合うと思います。

チョーキング式ビブラートは音程を高くするだけですね。

もちろんチョーキングからのビブラートなら低くも出来ます。

クラシカルなビブラートはマイナーな曲や、大人な雰囲気の曲にマッチします。

バラードと相性がいいですね。

というわけで、普段チョーキングのビブラートをしている人は、ノーマルなビブラートも試してみてくださいね!