こんにちは!芸人のギター演奏シリーズ、今回はドリフターズの仲本工事さんです。

仲本工事さんは元々ミュージシャン

仲本工事さんは芸人というより元々ミュージシャンです。なのでそのギターの腕前もプロ級、というより本物です。テレキャスターというギターを使いカッティングを決めたりしています。また、セミアコ、フルアコという形状のエレキギターで甘いメロディやロックンロールを演奏します。

仲本工事さんのギターの腕前は?

仲本さんの腕前はどうなのでしょうか。

こちらのコントでは、いい感じのギターを弾いています。↓

楽しそうにコントをやりながら、しっかりと甘いギターを弾いてくれています。しかもズッコケながらも、音楽が崩壊しないようにしっかりメロディを弾いています。

この感じ、ただ者ではないですね。いかりやさんもあれだけ動きながらきちっとベースを弾いています。なかなか技量の高いバンドですね。

カッティングはいまいち

ただ、カッティングといって、コードを歯切れよく弾く技術が、少しいまいちな気がします。以下のYouTubeをご覧ください。

プロミュージシャンではない志村さんのほうがカッティング技術は上に感じます。

仲本さんはギターをかなり上で構えています。これだと腕が振りづらかったりします。そのせいとカッティングがいまいちなのかな?とも思います。

ギター・ボーカルの仲本さん

ドリフターズといえばビートルズの前座に出たことでも有名です。しかもその時のボーカルは仲本さん。歌いながら、弾きながら、コントをやりながらギターを弾いていました。

こちらでは、仲本さんが、バンドの音楽を崩さないように支えています。