少し前に流行った、 official髭男dismの

Pretender。

今ではすっかりスタンダードになりましたね。

そんなPretenderの歌詞の意味をご紹介します。

そもそPretenderは英語!直訳すると?

そもそもPretenderは英語です。

直訳すると詐欺師、偽善者、ふりをする人という意味です。

モテない人がいつまでも好きな人を想っている、でも知らないふりをする、そんなところでしょうか。

それともピエロのように振る舞うからでしょうか。

Pretender は失恋の歌

pretender は失恋の歌です。

これはサビでgood-bye!(さよなら)といっているので間違いないですね。

前に何かで見たのですが結婚式でこの曲を余興でやったそうです。

実は失恋の歌だったということで 恥ずかしかったそうです。

これは失恋の歌なので結婚式では NG です。

A メロの歌詞の意味

「飛行機の窓から見た知らない街の夜景みたいだ」というぐらいもう生活に実感がなくなっちゃってると言うか、だいぶやばいですね。

B メロの歌詞の意味

「もっと愛を伝えられたらよかった」とめちゃくちゃ後悔しています。

無責任に無鉄砲に、好きだと言えばよかったのに言えなかった。

その後悔がとても出ていますよね。

でも相手に気持ちがないのに「好きだ好きだ」と言っても「キモっ!」て思われてしまうんですけどね。

サビの歌詞の意味

サビは振り切ったような、でも最後に振り切っていないような、優柔不断さが出ています。

「グッバイ 君の運命の人は僕じゃない 辛いけど否めない」 もうこれがすべてですよね。

それでも「君はきれいだー!」と思ってしまう

pretender は振られているのにも関わらず「君はきれいだー!」と絶叫しています。

切ないですよね。

恋人が他の人と恋に落ちてしまう。別れて他の人と恋に落ちてしまうなんて本当に切ない歌です。

Pretender の主人公の性格 モテない人の典型

Pretender は冒頭の「一人芝居」の歌詞のように一人で妄想して モジモジしてるという印象が強いですね。

なんと情けないんだ!この人は!

そう思いますが実際私も含めて大半の人はこういうタイプですよね。

なかなか行動ができないのがほとんどの人です。

好きな人に思い切ってぶつかって行ってダメなら次に行けばいいのに。

いつまでも引きずってしまう。

頭ではわかっていても感情がついてこないですよね。

まさにモテない人の典型なんですがどうしてもそうなってしまいます。

結局モテるには?

ところで、結局モテるにはどうすれば良いのでしょうか。

このPretenderの歌詞の反対をすればいいわけで、

  • 安売りしない
  • 強気
  • 余裕
  • くよくよしない
  • とりあえず言ってみる

など、歌詞とは真逆のことをすればいいわけです。

まあ、それが出来れば苦労しない、というやつなんですが。

とにかく勇気、勇気なんですよね。たぶん。

Pretender歌詞の意味とは?まとめ

というわけでPretenderの歌詞の意味をみてきました。

まとめると、

  • Pretenderは失恋の歌
  • 主人公はもじもじした人
  • モテない人の典型
  • モテるにはこの逆の人になろう

ということでした。

参考になさってくださいね!