スティーヴィー・レイヴォーンというギタリストをご存知ですか?

天才と呼ばれながら、若くして亡くなったギタリストです。

まずはこの映像をご覧ください。

もうこの映像観ただけで凄い!という感じです。

年代ですと

  • エディ・ヴァン・ヘイレン
  • マイケル・シェンカー
  • Char

なんかと同年代です。

ギタリストの生まれ年、年代比較。

でも同年代のギタリストと比較してもちょっと異質な、オールドスタイルなギタリスト、という感じがします。

ギターが上手い!

ごまかしようのない、クリーン系の音であんなフレーズかまされたら、たまりませんね。

とにかく上手い。高速スライドの速弾きも凄いのですが、上手。

ジミヘンとの比較

例えばジミ・ヘンドリックスと比べてみましょう。

どちらもギターを弾きながら歌っていますがジミ・ヘンドリックス (略してジミヘン)とはまた違った意味で甘いです

ジミヘンの場合はギターが体の一部という感じです。

それに対してスティービーの場合は2人の人間が別々に演奏しているかのようです。

また、ジミヘンは歪んだ音でエキセントリックな表現しています。

それに対してスティーヴィーはクリーン系の音で、オーソドックスなギタープレイです。

ですが、クセが強い。

こういう違いがありますね。

カントリー・ブルースに根ざしたギター

スティーヴィー・レイヴォーンのギターは基本的にはカントリー・ブルース的なギターです。

この時代にカントリーギターというのも、スティーヴィーを唯一無二にしている特徴です。

弦が太い

スティービーレイボーンのギターで有名なのは、弦が太いことです。

太い弦でめちゃくちゃ弾くため、指が切れていたそうです。

あれだけ太い弦であんな高速なフレーズを弾いていたのですね。

コシのある音!

スティービーのギターの音はコシがあります。

太い弦を使っているからか、コシがあるのですね。

なのでギターの音の存在感が凄いのです。

真似したくても出来ない速弾き!

スティーヴィーは速弾きが凄いです。

普通のギタリストの、いわゆる速弾きとは違います。一拍に何個の音を詰められるか?という速弾きではないのです。

普通のバッキングオブリガートを普通ではない速度で弾くのです。

これ、真似したくても出来ない感じなのです。

練習しても弾ける気がしない。

こういう、スティーヴィーにしか弾けない世界があります。

スティーヴィー・レイボーンのギターの凄さ、特徴は?まとめ

というわけで、スティーヴィー・レイヴォーンの凄さ、特徴についてみてきました。

まとめると

  • とにかくギターが上手い!
  • カントリー・ブルース的なギター
  • 弦が太い!
  • 音にコシがある
  • 真似できない速弾き!

ということでした。

ご参考になさってくださいね!