Charさんが敬愛するジェフ・ベックさん。

ギタリストの中で一番好きなのではないでしょうか。

以外、Charさんのインタビュー記事の引用です。

ある種、ジミヘンがやったことはもうできないと思ってる中で、ジェフだけはインストだし、フェンダーを歌わしてるよね。先輩としてはジェフはそこはすごいから。1フレーズ聴いてジェフだってわかるし。

フェンダーのページより記事引用

Charさんとジェフ・ベックがセッションしていた!

なんと!Charさんはジェフ・ベックとセッションしていたそうです。

これはCharさんとサイケデリックスを組んでいたドラムのJim Copley(ジム・コープリー)さんが以前ジェフ・ベックのバックで叩いていたことで実現しました。

場所はジェフ・ベックの自宅。

そこで長い時間セッションをしたそうなのです。

奥さんがご飯を作ってくれてもセッションは止まりません。

奥さんになから怒られながらご飯を食べたそうです。

またジェフがベースを弾き始めたそうです。

Charさんいわく、ジェフはベースが下手とのことです。

そのためCharさんが代わりにベースを弾いたそうです。

そして帰りの時間が近づくとジェフはいじけてしまったそうです。

ジェフって子供みたいですね。

Charさんがジェフ・ベックに影響を受けた部分

Charさん自身、ジェフ・ベックにかなりの影響を受けています。

特にアーミングや指弾きにジェフ・ベックの影響を感じられます。

アームプレイに関しては近年軽いビブラートをかけるときでさえも、チョーキングせずにアームを使っています。

もちろんアームを使うと、低音方向へのビブラートをかけられるので、曲によって使い分けている、という見方も出来ます。

紅白に出場した時の映像を観ると、いい感じにアームでビブラートをかけています。

また、野村義男さんと共演した映像を観ると、ソロはもちろん、カッティングさえもピックを使わず指弾きで行っています。

それからボリューム奏法を披露している場面もあります。

これらもジェフ・ベックの影響なのかな?と推察します。

Charさんのジェフ・ベック評価・ストラトキャスターの可能性を引き出した

Charさんはジェフ・ベックについて、「昔より確実に上手になっている」と評価しています。

確かにジェフがレスポールからストラトキャスターに持ち替えてから、表現力が増しました。

それは

  • レスポールにはないアームを使った表現
  • 弦に近いところにあるボリュームを使った表現
  • シングルピックアップのノイズの多ささえも表現に利用

というようなところです。

Charさんは、そういうストラトキャスターの可能性を広げたところを評価しているようです。

ジェフ・ベックとCharの生まれ年比較

ジェフ・ベックとCharさんはどのくらい年齢が離れているのでしょうか。

  • ジェフ・ベック︰1944年生まれ
  • Char︰1955年生まれ

ということで11歳差なのですね。

ギタリストの生まれ年、年代比較。

ジェフ・ベックとChar(チャー)の関係。Charさんが影響を受けた部分は?まとめ

というわけでジェフ・ベックとCharの関係や、影響を受けた部分についてみてきました。

まとめると

  • Charさんはジェフ・ベックとセッションしていた!
  • Charさんはジェフからアームプレイや指弾き、ボリューム奏法などの影響を受けた
  • ジェフはストラトの可能性を引き出した!
  • 11歳差

ということでした。

ご参考になさってくださいね!