だいぶ前ですが、西川貴教さんとGacktさんがレミオロメンの「粉雪」を歌っていました。

これがめちゃくちゃカッコいいのです。

そこでこの粉雪の解説をしていきます。

まずは西川貴教さんのパート

まず西川貴教さんの歌から始まります。

声量たっぷりの西川さんの声。

お腹いっぱいに空気を吸い込んでいるのでどこまでも音が伸びます。

それからブレスの音がたまらないです。

男の色気が出ています。

空気を吸う音まで意識しているなんてすごいですね。

もちろんそういうアーティストはたくさんいます。西川さんはその中でも群を抜いている印象です。

細かく入れるビブラートも最高です。

このビブラートが入ることでこの曲の物悲しさが引き立ちます。

また、高音で伸ばす部分は揺れ幅の大きなビブラートをかけています。

こうやって揺れ幅の大小を使い分けています。

Gacktさんのパート

そしてGacktさんのパートになります。

Gacktさんは歌詞の言葉の頭に力がこもっていますね。

また、西川さんのように声量がすごいです。

音を伸ばすときのビブラートもいい感じです。

最後の方で披露しているファルセット(裏声)もめちゃくちゃカッコいいですね。

Gacktさんが音を伸ばした時の、声が男らしくてカッコいいです。

例えばサビ前の「虚しいだ〜け〜〜」という部分。Gacktさんの大きさを感じます。

西川貴教とGacktの共通点

どちらも歌が上手く、しかも似たタイプのボーカリストという感じがします。

  • 声量があり
  • 細かいテクニックがあり
  • ブレスがカッコいい

などの共通点がありますね。

またどちらもビジュアル系出身、というのも共通点ですね。