アクティブピックアップの良さはどんなところ?

久しぶりにベースのアクティブピックアップを使ってみました。

もともとノイズの少ないアクティブピックアップはあんまり好きではありませんでした。

ノイズもベースの魅力の一つだと思っているので。

自分でソロ何かをやるにはいいけど、バンドではちょっとね、と思っていました。

だけど昨日バンドで合わせた時はこれがうまくはまったんですね。

アクティブピックアップの良さ

アクティブピックアップって人間には聞こえない音域をカットすることがあります。こうすることで人間に聞こえる音がブーストされたり、スッキリした音になったりします。

アクティブピックアップにはプリアンプが内蔵されているので、低音を強調できていい感じでした。

それからノイズが減るのも音がスッキリする要因です。

弦に付加がかかってから電気信号が発生するパッシブと違い、アクティブは電池の力で音を増幅させます。

なのでノイズが減ります。

<スポンサーリンク・バンドのTシャツを作って販売しましょう!!>

アクティブピックアップはバンドにも合う!

自宅で弾いてるぶんにはどっちでもいいですが、ロックバンドをやるときにはアクティブピックアップは結構良いと感じました。

僕の使っているESP のamaze というベースは アクティブとパッシブを切り替えられるのでもし万が一アクティブを使っていて電池切れの時は素早くパッシブに切り替えることもできます。

そういう意味でライブで使うには こういう今どきのベースを使うというのもいいですね。

もちろんヴィンテージのにしか出せない音というのも何にも代えがたい魅力がありますが。

なのでビンテージと 割と現代的なベースを両方持っているというのがいいと僕は思います。

<スポンサーリンク>