作曲するためにギターを練習した方がいいでしょうか。

ギターが弾けたほうが作曲が進むのでしょうか?

作曲を考えた場合いろんな作曲方法があります。

  • ギターを弾きながら鼻歌で作る人
  • 鼻歌のみで作って後から伴奏をつけてもらう人
  • ピアノで主旋律を弾きながら作る人
  • 何も楽器を使わずにいきなり楽譜を書く人

等々いろいろです。

なので作曲するなら、ギターは必要ではありません。

ギターがあった方が作曲しやすいか?

ギターがあった方が作曲しやすいかと言われると正直よくわかりません。ギターは思いついた時にぱっとすぐ手に取れるので、手軽と言えば手軽です。

iPhoneやパソコンで作曲するにしても、楽譜を書くにしてもいろいろ準備が必要です。でもギターなら思いついたらパッと手にとって2秒後には作曲を始めることができます。

そういう意味では手軽ですね。

メロディーを作るなら鼻歌で十分!

メロディーを作るだけなら鼻歌で十分です。

鼻歌で作ったメロディーにコードをつけるなら、ギターでも出来ますし、アプリで伴奏を付けてくれるものもあります。

アプリを利用すると作曲時のギターはいらないのではないでしょうか。

私はベースで曲を作る

かく言う私はベースで曲を作っています。

なぜベースで作るかと言うと、コードをいちいち考えないでいいからです。ベースでルート音だけで作っています。

ギターでマイナーコードなのか、メジャーコードなのか、セブンスなのか、とかいちいち考えているとメロディーを忘れちゃうんですよね。

ベースなら単音で弾くのでとっても手軽に作曲ができます。それを録音しておいて後から自分で、もしくは友達にコードをつけてもらう、というやり方にしています。

結論!作曲にギターは必要か?

というわけで結論作曲のギターは必要かと言うと必要ではないというのが私の答えです。

私はベースと鼻歌で作曲しています。楽器がなくても今はアプリでコードを付けることができます。iPhoneの GarageBand のように手軽に作曲できるツールもありますね。なのでギターが弾けなくても全然作曲出来ます。