布袋寅泰さんはギタリストだけではなく、作曲家としても素晴らしいミュージシャンです。

布袋さんの作曲の能力はかなり過小評価されていると思います。

2021年のパラリンピックオープニングの曲はオペラのように、躍りに合わせて行ったそうです。

関ジャムという番組に出演した際、米津玄師さんなどをプロデュースする方は「自分は受けません。出来ません。」と言っていました。

そんな布袋さんの作曲について迫りたいと思います。

曲はスタジオで即興で作る

布袋さんは以前テレビで「曲はいきなり作る」というようなことを言っていました。

作曲するときに、

  • 即興で作る人
  • 思い付いたアイディアを取っておいて、後から組み上げるタイプの人

だいたい二通りの人がいます。

ちなみに私はアイディアを取っておいて、後から構成するタイプです。

なんか、その時のアドリブの曲に自信が持てないのですね。

布袋さんは前者の、「即興で曲を作る」タイプの人だそうです。

良くアイディアが出るな、とおもいますが、布袋さんは「出なくなったら終わり」と言っていました。

プロでも大抵300曲も書けば「ネタ切れ」になってくるものです。

ですが布袋さんは楽曲提供も含め相当な曲を書いています。

よくネタ切れにならないものだ、と思います。

その秘密は次の項で考えたいと思います。

ギターやピアノやコンピューターなど、色々な切り口で曲を作れる!

布袋さんは一流のギタリストです。

そして、ピアノもかなりの腕前です。

また、コンピューターでも作曲出来ます。

もちろん鼻歌でも作れることでしょう。

ギターだけで曲を作ると、ギターで弾きやすい曲ばかり作る傾向があります。

また、ピアノなら自由かというと、ピアノにも作りやすい曲があります。

このように色々な楽器が弾けると曲のバリエーションが広がります。

さらにコンピューターでも曲を作れるので、たくさんの曲を作れるのだと思います。

ギターのリフから曲を作る

ギターのリフから曲を作ることもあるそうです。

特にBOØWY時代はギターで誰もやっていないリフを作りたい、としてギターで色々試していたそうです。

例えばマリオネット。

この曲はイントロのリフから曲が出来たそうです。

このリフはその後のサレンダーのソロにも通じる、

コードを分解したようなおもしろいリフですね。

また普通リフというとペンタトニックスケール※を使うことが多いです。

でもこのリフはドレミファソラシの7音階を使っています。

※ペンタトニックスケール:ドレミソラの5音を使う音階のこと。ロックギターに多用される

ドレミファソラシドの音階を使うのが布袋メロディーの特徴

布袋さんの曲作りの特徴として、「ドレミファソラシド」の音階を使う、ということです。

ドレミの音階を使うことで、親しみやすいメロディーにしているそうです。

音が飛躍しすぎない

そして、音が飛躍しすぎない、というのも特徴です。

音程が極端に上下しないので、口ずさみやすく、落ち着いたメロディーになります。

最近のミュージシャンの作る曲は、メロディーが激しく上下します。

それはそれで感情が揺れ動いて好きです。

また、布袋さんのような、あまりメロディーが激しく動かない作曲家もいます。

どちらが良い悪いではなく、布袋さんは後者のタイプ、ということですね!

ピアノを片手で弾けるメロディ

音が飛躍しすぎないので、メロディーが極端に上下しないので、片手でピアノが弾けます。

親しみ安いメロディをロック風にアレンジする

上記の分かりやすいメロディーをロック風にアレンジするのがご自身の特徴だそうです。

確かにキャッチャーなメロディーなのにロック魂を感じる楽曲が多いですよね。

そこも布袋さんの一つの個性になっていると感じます。

布袋寅泰さんの作曲の秘密。なぜそんなにたくさん作れるの?まとめ

というわけで、布袋さんの作曲についてみてきました。

まとめると

  1. 曲は即興で作ることが多い
  2. 色々な楽器で作るのでネタ切れしづらい
  3. ギターリフから作ることもある
  4. ドレミファソラシドの音階を使うことが多い
  5. 音かま飛躍しすぎない
  6. 親しみやすいメロディをロック風にアレンジする

というのが布袋流作曲術です。

ご参考になさってくださいね!