スタジオでの練習方法

バンドのお手伝いをしています。

お手伝いで楽器を弾くと、他のバンドの練習が参考になります。

そんな経験を通じて、参考になったバンドの練習方法をご紹介します。

一曲通して練習

まずは一曲通して練習します。

課題を洗い出すためと、バンドを暖める為です。

気になるところを分解して練習

一曲通して練習したら、気になったところ、出来ないところを集中的に練習します。

キメが大事

特に気になったところが無くても、キメのところはしっかり揃うように連休しましょう。

キメというのは、バンド全体で揃えて行うキメフレーズのことです。

これが結構乱れるんですよね。

僕らのバンドでもいつも苦労しています。

それぞれ個人練習で完璧に演奏するのはもちろんですが、バンドでそろっていないとカッコ悪いです。

ここは集中的に練習しましょう。

コーラスの練習

コーラスもそろっていないとせっかくのハーモニーも台無しです。

これも個人練習は必要ですが、合わせるのはまた難しいです。

  • 音程
  • リズム
  • 音の長さ

漫然とやらないで上記の3つに気をつけて練習しましょう。

メンバーの音を聴く

メンバーの音をしっかり聴きましょう。

自分の音は聴かなくても弾けるくらいに練習しましょう。

そうすることでメンバーのしっかりと聴けます。

1人で出来るバンド練習

1人で出来るバンド練習もあります。

ライヴ音源に合わせて練習するとか、

時には他のパートを口ずさんでみるのもよい練習になります。

楽器が無くても口ずさんで練習することも出来ます。

私が高校生の頃は休み時間にこんなことをやっていました。

遊び半分ですけどね。

メンバーの息を合わせるために1人1回づつ交代で手を叩き、メトロノームに合わせて8ビートを刻むのもありです。

こんなことでもメンバーの息を合わせる訓練は出来ます。

ライヴを想定した練習

あとやって欲しいのが、ライブを想定した練習です。

これもお手伝いをして学んだことです。

ライヴの曲順通りにやってみます。

その中でMCを入れるタイミングだったりをリハーサルしておきましょう。

またライブでのMC をしゃべってみてもいいですね。

なるべくライヴに近い練習をしましょう。

他のバンドのサポートはためになる

どこかのバンドでサポートをするのってほんとためになります。

自分のバンドだけだとほんと世界が狭いです。

チャンスかあればサポートはおすすめです。