昔流行ったビジュアル系とは?

ビジュアル系について考える

昔ビジュアル系という音楽ジャンルがありました。
L’Arc~en~Ciel、LUNA SEA、X JAPAN、などなどです。

空間系を多用して、ユニセックス、今で言ったらジェンダレスな世界観を出していました。

音楽的にもゴリゴリのロックというよりも、軽い感じでしたね。

ビジュアル系の特徴

ではビジュアル系とはどのような特徴があるのでしょうか。

ビジュアル系は見た目(ビジュアル)が良い

ビジュアル系は見た目(ビジュアル)が良い、という意味です。

ロックバンドなのに見た目が中性的で、キレイなため、このような名前がつきました。

男なのに女装のような格好でステージに立っていました。

ふるさと納税、今年はここでしました!甘みと旨味たっぷりのホタテ貝柱は最高でした!

ビジュアル系の歴史

いわゆるビジュアル系は一体いつ頃から始まったのでしょうか?

もともとこ

もともとX JAPANがecstasyレーベルを作ったことから始まります。

L’Arc~en~Cielのポップジャムボイコット事件

ビジュアル系といえばこの事件を語らない訳にはいきません。

ポップジャム
爆笑問題が「ビジュアル系」と言ったところ、怒って帰ってしまった事件です。
L’Arc~en~Cielからすれば、ビジュアル系と一くくりにされたくない、という気持ちがあったのだと思います。

ただ、当時のリスナーの感覚としてはL’Arc~en~Cielはビジュアル系でした。

メンバー全員ビジュアルに優れていましたし。

このころから、ギターのKenさんはタバコを吸ってギターを弾くようになりました。
脱ビジュアル系という気持ちがあったのだと思います。

スポンサードリンク:Amazonmusic聴き放題、ハマっています。