ジャズベースの魅力とは?

こんにちは。

ジャズベース(ジャズベ)と言えばベースの定番中の定番機種です。

誰もが使っている印象です。

 

フェンダー社のものに限らず、ジャズベースタイプはホントよく見ます。

みんなジャズベースが好きなんですね。

 

そこで今日はジャズベース(ジャズベ)の魅力に迫ります。

ジャズベースはカッコいい

ジャズベースの見た目は独特です。

持ったときの上のほう、カッタウエイと呼ばれる部分が大きく付き出しています。

そしてお尻のところ、座って弾いたときの膝にくる部分が出っぱっています。

左右非対称ですね。

 

これをカッコいいと見るか、それともプレベ(プレシジョンベース)みたいな左右対称に近いほうがいいか。好みの別れるところではあります。

 

ただ、持って弾いているときは、なぜか様になります。

誰が考えたデザインなのか、絶妙だと思います。

 

まあ、あまりにも一般的になったので、見慣れただけかもしれません。

ジャズベースの音の魅力

このように見た目が好きな人も結構います。

それでは肝心なジャズベースの音の特徴はどんなものがあるでしょうか。

ピックアップによる音の特長

まず、ピックアップがシングルコイルです。

 

プレシジョンベースもシングルコイルですが、1、2弦側 ハムバッキング 分かれていますのでハムバッキングノイズ軽減効果が得られています。

 

ジャズベースの場合はそれがないので ノイズが出やすいといえます。
逆に細かいニュアンスが出しやすい、と言えなくもありません。

またジャズベースはフロントとリアにピックアップが二つ付いています。

トーンは一つでボリュームが二つ。

 

これによってミックスサンドやリアのみ、フロントのみと多彩な音作りができます。

 

 

ネックが細いせいか、 音は細めの音です。

中音域を主体としながらもプレベに比べて硬く、締まった音がします。

そのためバンドサウンドで埋もれづらいです。

昔のタイプと最新型ではブリッジが違う

昔のジャズベースの 小さいブリッジは音の鳴りがよいです。
音の立ち上がりは、ブリッジが小さい分、 遅めです。

 

逆に 新型のジャズベースはしっかりとしたブリッジがついていたりします。

そのため、音の立ち上がりが速く、ゴリゴリのロックにも向いています。

 

今は昔のリュイシュー(復刻版)もあります。

最新の音からヴィンテージな音まで、 ラインナップが豊富なのも魅力です。

ボディ形状により低音がよく出る

ジャズベースはボディの右下の部分が出っぱっています。

この形状により、低音がよく出る、という人もいます。

 

真偽のほどは定かではありませんが、低音リッチなのはいえます。

ボディ自体が大きいためでしょうか。

ミュート機能がついたモデルもある

ブリッジのカバーやピックアップガードなどにミュート用のフェルトが仕込んであるモデルもあります。

これを使うとピックで ブリッジミュートするように、指弾きでもミュートができます。

 

 

ダンサブルな曲などで、余分なサスティーンがいらない時などいい感じです。

このミュート。最近使っている人が少ないので、使ったら個性的になるかもしれません。

ジャズベースの弾きやすさ

ジャズベースは弾きやすいです。

 

 

弾きやすさの理由は

  • ネックが細い
  • ピック弾きのときの手首の当たるところの角度が絶妙

というところです。

ネックが細くフィンガリングしやすい

ネックが細いと言うまでもなくフィンガリングがやりやすいです。

 

そのため テクニカルなベースを弾く人はジャズベースを好む傾向にあります

やっぱりネックが細いと弾きやすいのは確かです。

ピック弾きしやすい

ピック弾きの時に手首が当たる部分、ここがとても滑らかでピッキングしやすいです。

絶妙な形で速い刻みなども手が疲れません(ある程度の訓練は必要)。

 

僕の持っている他の機種はやっぱり手首の座りが悪い部分があるのですね。

 

 

でもジャズベースはそんなことはないです。

とても弾きやすいです。

まとめ

いろいろとジャズベースの魅力について書いてきました。

  • 見た目の魅力
  • 音の魅力
  • 弾きやすさ

以上の部分がジャズベースの魅力です。

やっぱり一本は持っておきたいベースですね。

 

そして多くの人が、最終的にジャズベースを弾いていることからも、とても完成された楽器だと思います。

ぜひ触れてみてくださいね。