ベースで左手の親指の付け根が痛くなる場合の対策を考えてみた

こんにちは!

ベースの練習をしていて思ったのですが、左手の親指の付け根が痛くなります。

筋肉をすごく使うというか。

練習をもっとしたいのに、親指が疲れるせいで、30分位でギブアップしてしまいます。

こんなとき、筋肉を着けようとがんばるのは間違いみたいです。

こんなときはフォームが間違っているみたいです。

というわけで、親指が痛くならないように工夫してみました。

ベースやギターで左手の親指の付け根が痛くなる場合の対策 親指を離して演奏

親指が痛くなる人は結構いるみたいで、検索すると色々出てきます。

そんな中で色々試しました。

その一つが親指を離して押さえる、というものです。

クラシックギター等ではこういう練習をさせることもあるそうです。

確かにクラシックギターでハイ・ポジションを弾くには、左手の親指を離さなければなりません、

ハイ・ポジションの裏側がボディのためですね。

その練習をやってみて気がついたことがあります。

それは正しいフィンガリングをすると、親指を離して弾ける、というもの。

どのように正しいか、というと、

  • フレットに対して指を平行(真っ直ぐ)にして押さえる
  • フレットの際を押さえる

というものです。

フレットに対して平行(真っ直ぐ)に押さえると軽い力でも、ちゃんと音が鳴ってくれます。

なので、指が斜めになっていないかチェックします。

フレットの際(きわ)を押さえるのは言わずもがなですよね。

昔ギタリストの高崎晃さんが、「速いフレーズの時、親指を離して弾いていた。そうしたらネックを押さえないので、より音が響くようになった」

と言っていました。

握力で押さえるのではなくて、腕の力で押さえる、という感じです。

やってみると、腕が疲れました。

ネックにも負担かからないのかな?とも思いました。

ベースやギターで左手の親指の付け根が痛くなる場合の対策 フォームを見直す

前のセンテンスでも書きましたが、フォームを見直すよいきっかけになりますね。

押さえ方も、弦の真上から押さえる、よりも、よい方法があります。

それは弦の真上よりも上(天井)側を押さえる、というものです。

弦を引っかけるように押さえる、と表現すればよいでしょうか。

こうして押さえると気持ち、楽に押さえることが出来ます。

また、親指の位置も重要です。

中指とはさむ位置に置いたほうがいいのか。

それとも手の中央に置いたほうがいいのか。

中指の反対側だと、人差し指、中指を動かす時には楽です。

でも、薬指、小指を動かすとなると、親指が左側に動きます。

親指の力加減が変わることになります。

こうなると、親指の疲れが増します。

なので、親指は他の4本の中央に置くほうがよいです。

※これは私の場合です。演奏する曲や手の大きさで変わるので、各自工夫してみてください。

大切なのは

  • 「自分の手の動きをよく見ること」
  • 「指の疲れを気をつけて感じること」

です。

それから福山雅治さんが言っていたことですが、「音がギリギリなる力加減で弾く」というものです。

そうです。音が鳴ればいいわけです。

逆にあまり強く押さえると、

  • 音程がシャープ(高くなること)する
  • 音の響きが抑えられる

ということにつながります。

音がビビらない、最小限の力で押さえてみましょう。

また、クラシックギターでは、指を1cm以上上げない、といわれます。

さわのギターラボより

https://sawanoguitarlab.com/basic-practice-both-hands-1/

というわけで、親指が筋肉痛にならない対策を考えてみました。

筋肉痛くらいならいいですけど、腱鞘炎や、筋を痛めたら大変です。

そうなる前に、フォームをチェックしてみてくださいね!