PR

こんにちは!ピンバタ・オリ( @pinbutter )です。
ジョニー吉長さんをご存知ですか?

日本のドラマーです。

残念ながらお亡くなりになってしまいました。

また、ベーシストのKenKenさん、ドラマー・俳優の金子ノブアキさんのお父さんでもあります。

そんなジョニー吉長さんはすごいドラマーなのです!

今日はジョニー吉長さんの凄さ魅力についてみていきましょう!

ジョニー吉長さんはリズムがタイト!

ジョニー吉長さんのリズムはすごくタイトです。

雑味がないというか、スッキリした味わいがあります。

スネアもパスンと抜けていますし、ハイハットもちゃきちゃきとキリが良く刻んでいます。すごく、聞き分けがいいというか。

下手なドラマーですと音が混ざり合ってしまいます。

ですが、音の分離がよく、それぞれの叩いてる音がよく聞こえる感じです。この辺、もちろん、叩き方によるものと、チューニングの良さなのでしょう。

すごいグルーヴ感!

そして、ジョニー 吉永さんのかっこいいところは、グルーヴ感です。

一度、息子のKenKenさんなどと セッションした動画が出回っています。

これを見ると、明らかにものすごいグルーヴ感です。

息子さんの金子ノブアキさんのドラムも良いのですが、やはり、お父さんの方が 円熟味があるというか、聞いてるだけで踊りたくなるようなリズムですね。

ハイハットのオープンクローズもすごく、メリハリがあって良いし、聞いているだけでワクワクしていきます。

変拍子なども自由自在!

ジョニーさんは変拍子なども変幻自在です。

以前 布袋寅泰さんとCharさんが共演したことがありました。

その時、布袋さんのサポートドラマーが、ジョニーさんのフレーズに対応できなくて Charさんがキレていました。

そのくらいプロのドラマーでもコピーが難しいのですね。

ジョニー吉長さんのドラムの凄さ、魅力とは?まとめ

というわけでジョニー吉長さんのドラムの凄さ、魅力についてみてきました。

まとめると

  • ジョニー吉長さんは日本の素晴らしいドラマーだった
  • ジョニー吉長さんはKenKenさんと金子ノブアキさんのお父さん
  • リズムはタイトでスッキリして、音の分離が良い
  • グルーヴ感があり、息子のKenKenさんとのセッションでも圧倒的な演奏
  • 変拍子なども自在にこなし、プロのドラマーでもコピーが難しい

ということでした。

ジョニー吉長さんのドラム演奏はYouTubeで「ジョニー吉長ドラム」で視聴可能です。

ぜひ聴いてみてくださいね!

You Tube「ジョニー吉長ドラム」