【トラスロッド調整だけではない】ネックが反ってしまった時の調整

ネックが反ってしまった時はどうすればいいでしょうか。

ギターやベースを弾いていてネックが反るということは必ずあります。

あの強いテンションを細いネックで支えているのでネックがその力で反ってしまうんですね。

反ってしまった場合の対処方法というお話を今日はしたいと思います。

ネックが反った場合 弦を緩めてしばらく休ませる

ネックが反ってしまった時、トラスロッドで調整すると思います。

しかしトラスロッド調整は繊細なことも多く、自信のない人や初心者はやらないほうがよいです。

まずは焦ってトラスロッドを回さず、弦を緩めてしばらく休ませておきましょう。

私の感覚ですがネックが反ったなと感じたときに弦を緩めて ぶら下げておくと少し回復するような気がします。

特にジャズベースなどはネックが細いせいか その傾向があります。

なので、ネックが反ったと感じたら、少し休ませてみましょう。

ネックが反った場合、定番のトラスロッド調整

どうしてもネックが反ってしまった場合はトラスロッドで反りを直すことに直す調整をします。

順反りの場合はトラスロッドを 右方向に

逆反りの場合は左方向に回します。

急激に回すとネックがいたんでしまうのであくまでも30°から45°ぐらい

様子を見ながら調整するということです。

自信のない時はショップに任せましょう。

ネックが反った場合の調整まとめ

ということで今日はネックが反ったらどうしたらいいかというお話をしてきました。

  • 弦が反ったら 弦を緩めてしばらく放置しておく
  • それでも駄目だったらトラスロッド調整をする

という流れでしたね。

試してみてくださいね!