ベース初心者がまず最初どんな曲を練習すればいいでしょうか

最近の曲は難しいです。ベースが動きまくるので、初心者には厳しいかもです。

なので初めは淡々と8ビート を刻むような曲が良いと思います。

そこで基本8ビートの曲ばかり集めました。

それぞれに少しづつ違った練習ができるので試してみてくださいね!

official髭男dism「Pretender」

まずはofficial髭男dism「Pretender」です。

この曲はAメロ Bメロは静かでサビになるとロックな感じになります。

はじめのゆっくりな部分での間の取り方はすごく練習になります。

カラピッキングの練習もできますので意識して練習してみましょう。

そしてサビでは 8ビートも練習できます。

サビのコードはドラマチックに変化します。

コードが変わるときに音が切れないように練習しましょう。また、歌を意識しながら弾きましょう。

歌を意識して盛り上がるところは少し強めにピッキング出来るとレベルが上がりますよ!

というわけで1曲で2回美味しいPretenderです。

また難易度も髭男の曲にしては高くないです。

そしてみんなが知っている曲、という意味でまずは一押しです。

JUDY AND MARY「小さな頃から」

だいぶ古い曲になってしまいますが JUDY AND MARY の小さな頃からをおすすめします。

この曲はバラードなのに全編8ビートという、少し変わった曲です。

これも早くなったり遅くなったりしないように気をつけましょう。

またピッキングは安定させて音量が変わらないようにおこないましょう。

でもフラット(まったいら)にならないよう、単純な8ビートに感情を込めて弾いてみましょう。

早すぎず遅すぎない8ビートでコードがパパッと早く変わるのでコード感もつかめます。

そしてつかんだ曲の進行は後々作曲などをする時に役に立ちます。

フジファブリック「若者のすべて」

フジファブリック

この曲も簡単に淡々と 8ビートが続きます。

上の2曲だけだと飽きるので、この曲も加えてください。

ただサビの手前で少し難しいフレーズが入ってきます。

このフレーズがなかなか指の運動になると思います。

また、このフレーズはギターやキーボードとユニゾン(同じフレーズを弾くこと)しています。

ずれないようにピッタリ合わせる練習になるかと思います。

ベース初心者におすすめの練習曲3つまとめ

というわけで初心者にも、そして中級者以上が弾いても奥が深い曲を3つ紹介しました。

その3つは

  1. official髭男dism「Pretender」
  2. JUDY AND MARY「小さな頃から」
  3. フジファブリック「若者のすべて」

でした。

3つとも8ビートの曲で弾きやすいです。

しかも奥が深い。

  • カラピッキングの練習にもなるし
  • リズムキープの練習にもなる
  • 均等なリズムを出す練習になる
  • 音をフラットにする練習になる
  • ルートでコード感をつかめる

ということでした。

ぜひチャレンジしてみてくださいね!