ギターのカッティングとは?

ギターをやっていると、カッティングという言葉を聞きませんか?

あの人はカッティングが上手!

とかカッティングの上手な人が上手いギタリストだとか。

一体カッティングとは何なんでしょうか

カッティングとは

カッティングとは出した音を素早くカット(消す)して、リズムよく音を鳴らすことです。

チャカチャカ、チャカチャカ、 歌のバックでやっていたりします。

カッティングのやり方

カッティングのやり方は簡単です。

出した音をすぐに消してリズム感を出していきます。

空ピッキングを絡めながらオルタネイトで8分または16分などで音を奏でればカッティングになります。

こんな風にチャカチャカやりましょう。

ただ、リズム感よく、弾くには練習が必要です。

メトロノームに合わせて楽しんで練習してみてくださいね。

カッティングはどんな時にやるのか

カッティングはどんな時にやるのでしょうか。

有名なのはソウル系のギタリストが ダンスミュージックなどのバックでやっているやつですね。

昔のマイケルジャクソンの バックなどでクリーントーンでチャカチャカやっていますね。

ああいうイメージです。

ダンサブルな音楽で使います。

つまりカッティングをすると、曲がリズミカルになる、ということです。

カッティングまとめ

カッティングをやるとリズムトレーニングにもなりますし、何より曲のバリエーションが増えます。

是非練習して自分のものにしちゃいましょう!