バンドの音作りの仕方

皆さんバンドの音作りはどうやって決めていますか?

それぞれのバンドによって 個性がありますので一概には言えないでしょう。

ただ 理想とするのはそれぞれの楽器が全て聞こえる状態ですよね。

そしてそれに歌が気持ちよく乗っかるという状態じゃないでしょうか。

今日はそんなバンドの音作りについてご紹介します。

大抵のバンドはギターが大きすぎる

まず初めにバンドの音作りで言っておきたいことがあります。

それはギターのボリュームが大きいバンドが多いということです。

特に初心者に多いです。

ボーカル中心か?ギター中心か?

初心者はバンドというのはそもそも ギターの人が中心となって作ることが多いです。

例外で ボーカルメインとなってバンドを作ることもあります。

ギターは作曲やサウンドメイクで中心的な役割を果たすことから、自ずとそうなります。

それはそれで仕方がないのですが、バンドである以上ギターばかり目立っても仕方がありません。

それはまあギターがめちゃくちゃかっこいいバンドなら別です。

ただ他のメンバーもいてそれぞれが主張するのであればギターの人は少し音を下げた方がいいです。

意外とギターって聞こえない

ギターの人がギターの音量を上げるもう一つの理由としてギターの音が聞こえないというのがあります。

エフェクターをたくさん繋ぐと音が細くなります。

そうすると自分の音が聞こえづらくなります。

特に小さなライブハウスだと他の楽器の音などもライブハウスの中でこもってしまいます。

そのため自分の音をもっと上げないと聞こえないという状況になります。

これはギターばかりの問題ではありません。

ベースもドラムも自分の音の抜けを良くし、他の楽器とかぶらないようにしなければいけません。

ギターの音を太くするコツ

他の楽器とかぶらないようにするための方法は後でご紹介します。

ここではギターの音が細くならないための方法論方法をご紹介します。

ギターの音を太くするためにはなるべくエフェクターなどを繋がないことです。

これはギターだけではなくベースも同じです。

かといって今時エフェクターを繋がないギターサウンドなどはあり得ません。

それではどうしたらいいか。

そのためには以下のことを試してみてください。

  • ケーブル類を短くする
  • ケーブルの質を良くする
  • エフェクターを最小限度にする

以上のようなことです。

ケーブルは短ければ短いほど劣化します。

また質の悪いケーブルシールドを使っているとこれも音の劣化の原因になります。

なるべく高品質のシールドを必要最小限度の長さで使いましょう。

またエフェクターは必要最小限度にしておいた方がいいです。

大体空間系一つと歪み系一つあれば大抵の楽曲は カバーできると思います。

エフェクターに頼らず自分の手で良い音を出すという気概が必要です。

昔のバンドはベースの音が大きかった

昔の歌謡曲などを聞くととてもベースの音がでかいです またビートルズなんかも結構ベースが目立っています

昔のR&B なんかも ベースの 音がでかいです

ベースは大きな音を出してコード感と、リズムを引き受けていました。

それが1960年代以降ギターヒーロー 十条で状況が変わってきます。

エリック・クラプトンや ジミー・ペイジ、ジェフ・ベック、 ジミ・ヘンドリックス などが登場しギターの音が大きくなっていたと思われます。

だからギターの音が大きくなくてはならないというのは幻想です。

まぁ最近のバンドはちょっと違ってきていますが。

ゲスの極み乙女 なんかはベースが目立ってますね。

音域による音の被り

ドンシャリとギターの音

よくギターをドンシャリの音にする と言います。

ドンシャリというのはギターの低音と高音を上げ、中音域を下げる音作りを言います。

ドン=低音 シャリ=高音

でこう呼ばれています。

ベースもバンドの楽器が多くなればなるほどドンシャリにしたほうがいいと言われます。

ここでは一般的に、どの音がどの楽器とかぶるかということを解説します。

よくギターの人は「セッティングはフルテン!」にする、といいます。

フルテンとは、アンプの音域のツマミを全部最大にすることです。

これは絶対よくないです。

全ての音域を上げるということは 全ての音をゼロにしてボリュームを上げることとほとんど変わりません。

これは結局ボリュームを上げているということで、バンドの音のバランスについては何も考えないということになります。

まあそういうカリスマ的なギタリストがいてもいいんですけどね。

ただ解っててやるのと、解らずにやるのとでは大きな違いです。

「俺はカリスマギタリストからこうやるんだ」とわかっていて、フルテンにするやるならありかもしれません。

ドラムの音は変えるのが難しい

皆それぞれに音を主張した結果ボーカルがかなり大声で歌っていて喉を潰してしまうこともあります。

そのなかでも、ドラムは練習時は大抵、生音で演奏します。

なので練習の時はドラムの音量に合わせましょう。

なのであくまでもボーカルの声がよく聞こえるような音作りを目指すべきです。

ここでのことを参考にして一度みんなで話し合ってみましょう。