夜遊びの夜にかけるすごくいい曲ですね。

ヨアソビはいくらさんとなんとかさんの二人からなる音楽ユニットです。

小説からインスパイアされ歌詞を作っているそうです。

曲は パソコン1台で作っているそうですね。すごい。

最近ではボーカロイドが出てきたせいか 結構 メロディーが複雑な歌が増えてますね。

米津玄師さんとか は典型的ですね。

順列さんは元々ボーカロイドで曲を作っていたかたです。

そのため歌詞一つ一つにメロディーを当てはめたりとか、ブレス(息つぎ)のタイミングだったりとか、音程の高低差とか、人間では歌うのが非常に難しいようなメロディですね。

これを良い声で正確なリズムで正確なメロディーで歌い上げるいくらさんは 本当にすごいボーカルだと思います。

以前「外国人が夜に駆けるを聞いてみた」という動画を見ました。

ここで 外国人がとても感動していましたね。

なのでもしかしたら 海外でもいけるかもしれません。

ただしアメリカは英語で歌わないといけないのでアメリカでは厳しいのかもしれませんね。

とにかくメロディが歌詞一つ一つで変わるので非常に難しい曲です。

リズム感、肺活量、メロディ感覚。これらを高度に鍛えないと非常に難しい曲ですね。

しかも半音上がったり下がったりを効果的に使っているのでその辺の音を正確に発音する技術が必要です。

是非頑張って、訓練だと思って挑戦してみてくださいね!