ギターは大きな音が出るイメージがありますよね。実際、ギターは近所迷惑でしょうか?いやいや、エレキギターを始めようとして、近所迷惑を心配する方には生音なら大丈夫!と伝えたいです。

エレキギターはアンプに繋がなければ大丈夫!

エレキギターはアンプと言ってスピーカーに繋がないと大きな音が出ません。アンプに繋がないで弾いているとペチペチと小さな音しか出ません。家でテレビを見ている夜も同じぐらいかそれよりも小さい音です なので、生音で弾いている限り、まず近所迷惑になるということはないでしょう

以下のヤマハのギターは初心者や、久しぶりにギターに触りたい人にピッタリです。

なんといってもヤマハなので信頼感があります。

また、アンプやシールド、チューナーなどもついてくるので、すぐに弾き始めるが出来ます。

付属品はおまけのようなものですが、ギター単体でもとってもお得です。見た目もかわいいし、かっこいい!ピックアップの構成も、これ一台あればとりあえずなんでも対応できます!

また、アンプにはヘッドホンジャックが付いていますので、静かな音でギターを楽しめます。【PR】

ヘッドホンもどうぞ!

エレキギターの迫力ある音はパソコンやスマホに繋いでヘッドホンで!

また、今は iPhone やスマホ、パソコンに接続する機器もあります。これでギターとスマホ、パソコンを繋げることでヘッドホンやイヤホンで音を聞くこともできます。

iPhoneやiPad、macなら、定番のiRIgですね。

iRigは色々ありますが、安いタイプのものは音の遅延が大きいので、ある程度しっかりしたものを選ぶとよいです。

以下のタイプなら色々に使えます。

これなら近所迷惑になるということはありません。外には生音のペチペチした音が出るだけです。

なのでかっこいい音でギターを弾きたいけど近所迷惑が心配という場合はヘッドホンイヤホン を利用しましょう。

ギターは、直接ギターのジャックにつないでも音は出ません。

スマホに接続する機器などが必要ですのでそういうのも準備してくださいね!

Appleの製品に対応した接続機器は結構あるのですが、androidのものってないんですよね。

お使いのスマホがandroidなら、アンプに繋いでヘッドホンで練習すると迫力ある音で楽しめますよ!

最近のアンプは小さくてもよい音がします。また、ヘッドホン対応なので、夜の練習にもおすすめです。

ちょっとしたライブならスピーカーから音を出して使えます。

アコースティックギターは注意が必要

アコースティックギターは音量に注意が必要です。

もともとアコースティックギターはアンプなどを使わなくても大きな音が出るように作られています。

なので、基本的には近所迷惑になると考えた方が良いです。集合住宅では音がもれ聞こえます。

また、一軒家でも注意が必要です。意外と大きな音が出ているものです。

サウンドホールをふさぐものも一応売っています。サウンドホールというのは大きな音を出すために開けてある穴のことです。これをふさげばある程度音量を小さく出来ます。

また、ブリッジのところをティッシュペーパーなどでミュートするのも有効です。

こういう工夫をしてもある程度音量が出るので注意が必要です。

ヤマハ専用のサウンドホールもあります。