@pinbutterさんのツイート: https://twitter.com/pinbutter/status/1103987576099069954?s=09

先日バンドの練習をしていて、どうもアンプの調子が悪い、と思いました。

あまりにもひどいので店員さんに話したところ、「シールドケーブルのせいではありませんか?」とのこと。

半信半疑でしたが、言われた通り、シールドを替えてみました。

するとしっかり音が出るようになるではありませんか!

こりゃ音の調子が悪いときは、シールドも疑ったほうがいいですね。

シールドは意外とデリケート!

意外とシールドケーブルは切れやすいです。

一本の銅軸の芯に他の線を巻き付けてあります。

この銅軸が切れてしまうともう使い物になりません。

また、ジャックとケーブルの繋ぎ目も断線しやすいです。

このあたりも気を付けたいですね。

寿命はそれぞれですが、大体3年が目安ではないでしょうか。

シールドのケア

シールドがデリケートなのはわかっていただけたかと思います。

それではシールドの気を付けたいポイントをみてみましょう。

シールドは踏まない!

ライブで激しく使ったり、踏みつけたりすると切れやすくなります。

ライブでは踏みつけたりするのも仕方ないと思います。

でも練習の時は踏みつけないように気を付けたいですね。

なるべくねじれさせない

また、ねじれも良くない。

収納するときクセがつくような巻き方も良くないですね。

一方向から巻かずに、交互に巻きましょう。

一回目は一方向からまいたら、今度は逆から巻く、という感じです。

ジャック廻りも気を付けたい

ジャック廻りのも傷みやすいです。

ケーブル自体は太いのですが、ケーブルとジャックをつなぐ線は細いです。

ここが傷まないように、抜き差しするときは金属の部分を持って抜き差ししましょう。

間違ってもコードを持って抜き差ししないようにしましょう。

シールドは使い分けてもいい

シールドは使い分けてもいいですね。

ライブの時はベースはラインで繋ぐことが多いです。

ラインだとそれほどシールドを気にしなくてもよい気がします。

そこそこのグレードの物ならば良いと思いますよ。

ライブの時は耐久性の高いものを使いたいですね。

また、ステージアクションを重視して、無線という手もありますね。

レコーディングや練習はよい音がするシールドを使いましょう。

そしてライブは見た目や耐久性で選ぶと良いでしょう。

おすすめのシールドについて書いたブログを参考にしてみて下さいね!!

https://bassguitarband.com/shielded-cable/