プレシジョンベースは音作りしやすい!プレシジョンベースの魅力とは?

プレシジョンベースはピックアップが一つだし、ネックは太いし。

 

ジャズベースに比べて、敬遠する人もいるのではないでしょうか。

 

 

しかし僕も購入してみて改めてその魅力に取りつかれました。

 

  • 左右対称に近いルックス
  • 太くて押しの強い、明るい音
  • あのビックな感じ(大きい)
  • 軽い
  • そして意外と音作りしやすい

こんな感じの魅力にはまったんですね。

 

そんなプレシジョンベース(以下、プレベ)の魅力を再発見していきます。

<スポンサーリンク・バンドのTシャツを作って販売しましょう!!>

プレシジョンベースはバンドで使える!

今までもフェンダージャパンのプレベは持っていたのですが、今回フェンダーUSAの物を手に入れました。

さっそくバンドで試したところ・・・

これが意外と合う!

意外とバンドの中で抜けるんです。

いまやっているバンドではギターが広い音域をカバーしています。

 

なのでベースの音が抜けるにはリアピックアップの固めの音が必要、と思っていました。

思い込みでしたね。

実際バンドでプレシジョンベースの音出しをしてみると

 

  • 音が抜ける
  • 低音がしっかり出ている
  • 太い音でギターに負けない
  • 空気感が出せる

と予想外の活躍でした。

プレシジョンベースは音作りがしやすい!

 

疑問:プレべってピックアップが一つだから、音作りしづらいのでは?

 

これもジャズベースを長年愛用してきた自分としては不安がありました。

 

しかし、スタジオで音を出してみると、プレべは意外と音作りがしやすいです。

なにせフロントピックアップ一つですからね。

余計な迷いがなくて、音作りしやすいです。

プレシジョンベースは弾き方やセッティングで音をコントロールしやすい

しかし、シンプルなので逆に弾き方やピックアップの高低、セッティングなどで調整しやすいことが分かりました。

ブリッジ寄りで弾けば固く締まった音が出ます。

またブリッジミュートで粒立ちを表現することもできます。

 

 

逆にネック寄りで弾けば明るく、太い音が出ます。

迷いがない、というか、

弾き方で音を変えるぞ!という覚悟ができますね。

 

というわけで意外と音作りのしやすかったプレシジョンベースです。

プレシジョンベースを使うミュージシャンたち

以下、参考にプレベでも幅広い表現をしている方々です。

フュージョン、フアンク、ディスコ、パンク系アーティスト

【ジェイムス・ジェマーソン】

1970年代の有名レーベル『モータウン』で活躍。
グルーヴがすごいてす。
特に空ピッキング、ゴーストノートの使い方が素晴らしい。
プレシジョンベースでここま出来るのか。

【ジョージ・ポーターJr.】

【ピノ・パラディーノ】

【スティーブ・ハリス】
ヘヴィメタルバンド『アイアン・メイデン』のベーシスト。
ブリッジに近いところを指弾きで、しかも強くピッキングするサウンドは、タイトで不思議です。

こんな弾き方で、指は大丈夫?と思ってしまいます。

【シド・ヴィシャス】
この人のおかけでパンクバンドでプレべが使われるようになった!


【グリーンデイのベースの人】

スリーピースバンドなどの少ないアンサンブルではプレシジョンベースの包み込むようなサウンドが必要かも知れません。

【ブルーハーツのベースの人など、80年代パンクバンド】

こちらもシンプルなアンサンブルで活躍しています。

【スティング】
意外なのがこの人。
初期のモデルを愛用しています。

幅広い音楽性を表現できるのはこの人が証明してくれました。

【ハマ・オカモト】
バンド『OKAMOTO’S』のベーシスト。
ダウンタウンの浜ちゃんの息子ですね。

良い音でベースをを奏でます。

結局演奏者次第なんですね。

 

いかがでしたでしょうか。

意外と使いやすいプレシジョンベース。

 

シンプルで迷いがないのがいいですね。

 

メインでもサブでも、1本持っているといいかもしれませんね。

<スポンサーリンク>